火災保険を使って屋根修理や雨樋修理。一般社団法人 住宅修繕保険申請支援機構 雪や台風など自然災害にて被災された方々へ住宅の無料災害診断を実施しております。

屋根修理への火災保険の適用について

屋根修理への火災保険の適用について/一般社団法人 住宅修繕保険申請支援機構

住宅をお持ちの方であれば、必ず加入しているはずの保険が火災保険です。
幸運にも地震や火事などの災害に遭遇したことがない場合、火災保険に入ったことすら覚えていない場合があります。

 

ところが、火災保険の補償は幅広く、火災以外にもさまざまな補償があることを覚えておいてください。

 

 

火災保険で補償される内容

 

住宅購入時に火災保険に加入することがほとんどです。

 

義務付けがなくても、保険会社が十分な補償がついた火災保険加入を条件に、住宅ローンを組んでもらうことがあります。

 

火災保険は、火災以外にもさまざまな補償が適用されます。

 

台風被害

 

例えば、台風が原因での屋根瓦のズレ、雪による雨どいやカーポートの破損などです。

 

プランにもよりますが、子供が遊んでいて窓ガラスを割ったときの補償、空き巣に室内の家財を盗まれたときの補償など火災以外の内容でも保険金が支払われることがあります。

 

 

なぜ火災保険で屋根修理ができるのか?

 

全ての火災保険が屋根修理の対象になるわけではありません。
あくまでも、「風災補償」がついた火災保険で、補償対象になった場合のみ、無料での屋根修理が可能になります。

 

 

なぜ無料で修理が可能なのかですが、工事前に診断をしてその結果を保険会社に申請をします。
その後、自然災害での被害と判断されましたら契約者の方の銀行口座に保険金が振り込まれます。

 

振り込まれた認定金にて修繕を行いますので手出し無料での修繕が可能になります。

 


ホーム サイトマップ
トップページ 業務内容 修理事例 よくある質問 会社概要 問い合わせ