火災保険を使って屋根修理や雨樋修理。一般社団法人 住宅修繕保険申請支援機構 雪や台風など自然災害にて被災された方々へ住宅の無料災害診断を実施しております。

火災保険の活用方法

火災保険の活用方法記事一覧

落雷による破損ってどういうの?

落雷による破損と聞いて何を想像するでしょうか?落雷被害であれば家が燃えちゃうよ!と思われる方も多いです。しかしよく問い合わせがあるのは落雷によってインターホンが壊れると言う事実です。意外にもですが、近くに雷が落ちたなどで電流が渦電流になりインターホンやパソコンが壊れることがたまにあります。パソコンで...

≫続きを読む

 

火災保険が利用できるのに世間に知られない理由とは

火災保険が自然災害で利用できる、特別な保険だということがなかなか世間に知られることはありません。自動車保険や生命保険では考えられないですよね!?なぜでしょうか?理由の一つとして、名称にあります。保険証券をご覧いただきたいのですが、火災保険の証書の一番上に書いてありませんか?「住宅総合保険」このような...

≫続きを読む

 

火災保険 建物保障と家財保障

火災保険での保障では建物保障と家財保障とで2つに分かれております。「うちは火災保険入っているから大丈夫!」と安心されている方も多くいらっしゃいますが、よくよく見てみると家財しか入っていなかった。このような場合もあります。家財のみしか入っていないという事は【台風で屋根瓦が飛ばされた】この場合は対象には...

≫続きを読む

 

火災保険の契約期間なのかどうかが鍵!

火災保険の保険証券を確認しましたら、まずはあなたが今現在で加入しているかどうかを確認してみてください。期間の確認です!どうでしょうか?今現在でちゃんと保険の契約にいなっていますか?ちなみに契約期間になっていなくても火災保険は時効が3年になります。時効が3年ということは、当然ながらちょうど3年以上前の...

≫続きを読む

 

こんなに使える火災保険 破損汚損

火災保険と呼ばれますが実際は火災がおきた時だけでなく、雪や台風などで屋根修理など、住宅の様々な被害を解決してくれる凄い保険なのです。例えば、一般的によく使用されるのが「破損・汚損」です。もちろん全ての住宅総合保険に適用されるわけではありませんので、一度ご加入の火災保険を確認してみてください。破損・汚...

≫続きを読む

 

火災保険には使える特約がある

火災保険は「火災」「落雷」「破裂・爆発」「風 雹 雪災」「騒擾」「飛来 落下 衝突」「水濡れ」「水災」「破損・汚損」と色々な項目にわかれています。それ以外に使える特約があるのでご紹介いたします。まず、一番最初にお勧めするのが「個人賠償特約」です。誰かのものを壊してしまった、誰かに怪我をさせてしまった...

≫続きを読む

 

地震保険って必要なの!?

★地震保険って実際必要なの??「地震保険って安くないし、全額出ないってよく聞くし加入するか悩むんだよね」こんなご相談をうけることがあります。確かに全損と認定をうけるには高いハードルがあり、なおかつ家の評価額の半額しか加入できないので、実際全損と認定を受けても保険金だけで今と同じ家を建てるのは難しい保...

≫続きを読む

 

地震から身を守る術

地震がおきた時にあなたはまずどうしますか?地震が起きたとき、そのままその場に凍りついたままでは危険です。日ごろから、どう逃げればいいのか考えておくことが大事です。まずよくある間違いは、机の下に隠れる!です。すぐに安全な場所へ移動することが大切です。転倒物や落下物で机の下に閉じ込められてしまうと、震災...

≫続きを読む

 

ホーム サイトマップ
トップページ 業務内容 お客様の声 修理事例 会社概要 火災保険の活用法