火災保険を使って屋根修理や雨樋修理。一般社団法人 住宅修繕保険申請支援機構 雪や台風など自然災害にて被災された方々へ住宅の無料災害診断を実施しております。

本当に無料で修理が可能!?

本当に無料で修理が可能!?

どうして屋根修理が無料にできるのでしょうか?

 

火災保険が適用されるのは、風災補償の項目です。
火災保険に記載されている風災は、思ったよりも範囲が広く、台風や竜巻、突風、強風、豪雨、水害、大雪、雹、落雷といった
自然災害による被害なら、必ずといっていいほど保険金が下りるものと考えてください。

 

 

火災保険の屋根修理では申請の手順が重要

 

まず加入が必要となる火災保険ですが、今加入している火災保険や住宅総合保険であれば、風災補償に入っていることが当たり前となっています。
そのため、屋根修理には保険が適用できるものと考えてください。

 

費用の安い火災保険であれば風災補償を除いていることもありますが、保険料もそれほど変わらないので、
基本的なプランとしてほとんどの場合に風災補償が付いています。

 

ただし屋根修理を行う場合に、全てのケースで火災保険が適用できるわけではありません。
経年劣化による被害や地震による被害は対象外となっています。

 

そのため、保険金の範囲内で屋根修理を工事を行うのであれば、実質無料ということになります。
火災保険申請では鑑定の専門家による鑑定がありますが、大変審査が厳しくなっています。

 

工事の見積もり金額が全額認められないケースも多くなっています。火災保険の保険金申請には、専門家も納得させるノウハウが必要になってきます。

 

そして注意点としましては申請の手順になります。
工事を先にしてしまうと仮に保険があまり降りなかった場合、その差額は実費になってしまいます。
ですので、申請をするのは工事前という事が重要です。

 

もちろん実費になってもかまわないのでしたら先に工事でも可能ですが、できるだけ費用を抑えたい、あるいは実質手出し無料で治したい場合は先に申請する事が重要です。

 

 

 

 

 


ホーム サイトマップ
トップページ 業務内容 お客様の声 修理事例 会社概要 問い合わせ