火災保険を使って屋根修理や雨樋修理。一般社団法人 住宅修繕保険申請支援機構 雪や台風など自然災害にて被災された方々へ住宅の無料災害診断を実施しております。

こんなに使える火災保険 破損汚損

こんなに使える火災保険!!

火災保険と呼ばれますが実際は火災がおきた時だけでなく、雪や台風などで屋根修理など、住宅の様々な被害を解決してくれる凄い保険なのです。

 

例えば、一般的によく使用されるのが「破損・汚損」です。
もちろん全ての住宅総合保険に適用されるわけではありませんので、一度ご加入の火災保険を確認してみてください。
破損・汚損の項目に印がついていれば、火災保険が使える幅はグッと広がります。

 

 

では何に使えるかというと、自分で物を壁にぶつけてしまい、壁やガラスに傷がついた割れてしまったときや、物を落として床が傷ついた穴が開いてしまった時などに、それらを直す費用を負担してくれる保険です。

 

 

割れたガラスも火災保険

 

 

自分でおっちょこちょいで傷をつけてしまっても保険金がでるの!?
と驚かれる方もいらっしゃいますが、まさにそのための保険です。

 

重過失といって、わざとやったりしてしまうと勿論保険金はおりませんが、基本的には免責金額を除いた修理費用や買いなおす費用を請求することができます。

 

 

また、建物だけでなく家財にも火災保険をかけてらっしゃる方は落としたものが壊れても、その落としたものを修理する費用なども請求できます。

 

ただし、対象外のものもあるのでご注意ください。(持ち運びできる電子機器、眼鏡など)

 

ここで大事なのは、火災保険で何がでるかわからないから諦めるではなく、必ずご加入の火災保険会社に問い合わせ、いつ、何が原因で、何が、どうなったかを伝え、火災保険が使えないか確認することが大切です。

 

過去に請求が通った事例は。

 

子供がお風呂場ですべって転び、風呂場のドアが壊れてしまった。
この事例は、修理費用が9万円でしたが免責1万円でしたので、契約者には8万円が支払われ、結果保険に申請していなければ9万。かかった修理費は1万円で済んだということでした。

 

このように、火災保険は活用することによって、日々の生活の無駄な出費を抑えることもできる保険なのです!


ホーム サイトマップ
トップページ 業務内容 お客様の声 修理事例 会社概要 火災保険の活用法